下痢に効果のあるサプリはどれ?〜過敏性腸症候群、慢性下痢の方必見〜

下痢 サプリ

食べ過ぎや胃腸が弱っているという、一過性の下痢なら数日もすれば完治します。しかしストレスなど精神的なものが関係する下痢は、長引くことが多くなっています。過敏性腸症候群など慢性下痢の場合は、つねにトイレを気にしているため、長時間の移動がつらくQOL(生活の質)にまでかかわってきます。

 

下痢を治すには、胃や腸内の菌環境を整えることが大切です。そのためには、乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維を摂りたいところ。また殺菌、抗菌力のある梅エキスもおすすめです。当サイトでは、下痢に効果あるサプリをランキングにてご紹介。慢性下痢を元から治したいという方、ぜひご覧ください。

 

黒梅日和の特徴

乳酸菌以外の下痢対策サプリをお探しの方におすすめです。梅肉エキスの殺菌・抗菌力が、胃や腸の悪玉菌を殺菌して、善玉菌が優勢な状態をつくってくれます。おかげで胃腸の機能もUP。ガジュツ末(紫ウコン)とアロニアエキスの豊富な食物繊維が、腸内環境の改善をサポート。1日めやす5粒。梅特有の酸味を感じるサプリです。早い人なら、1週間程度で効果を感じ始めます。お試し定期コースなら、10%OFFの2,970円(税別)。全額返金保証あり。

価格 2,970円
評価 評価5
備考 梅肉エキスの殺菌・抗菌力

 

乳酸菌革命の特徴

16種類もの乳酸菌が腸内環境を改善してくれます。3大乳酸菌のビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌をはじめ、全16種類の乳酸菌を1粒にギュッと凝縮して配合しています。多種類の乳酸菌を摂ることで、人それぞれ違う腸内環境の改善が可能に。耐酸性カプセルで腸に届けます。1日めやす2粒。食物繊維とオリゴ糖も配合して、腸内環境をサポート。お得な定期コースなら、20%OFFの2,730円(税込)。

価格 2,730円
評価 評価4
備考 ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌等全16種の乳酸菌

 

ビフィーナSの特徴

ビフィズス菌(ロンガム種)で便通を改善してくれます。年齢と共に低下するビフィズス菌を手軽に補う事が出来ます。ビフィズス菌が腸内フローラを良好にして便通を改善することが確認されています。1日1包を水などと一緒に噛まずに摂ります。胃酸にまけない耐酸性カプセルタイプ。オリゴ糖もプラスされています。初回限定、23%OFFの2,980円(税込)。機能性表示食品です。

価格 2,980円
評価 評価3
備考 ビフィズス菌(ロンガム種)

 

 

下痢や軟便に効くサプリとは?

 

下痢や軟便になりやすい人や、太りたくても太れない人が多いです。痩せてしまう原因の一つに、下痢や軟便が挙げられるからです。下痢や軟便が続くようであれば病気の疑いもありますが、単に腸内環境が悪いために起こっている場合もあります。この場合、腸内環境を整えるためにも、乳酸菌サプリメントなどを活用すると効果的でしょう。

 

軽い腸炎にかかっているかも?
便秘も厄介ですが、軟便や下痢も困りますよね…。水分も一緒に出てしまうので、脱水症状も引き起こしやすいです。しかも食べたものや水分も排出されてしまうので、なかなか身にならず、太りたくても太れません。もしも軟便や下痢で、色が黒っぽかったら病院で検査してもらった方がいいでしょう。検査しても何も異常がなかった場合、ストレスや食生活によって胃腸が荒れてしまい、軽い腸炎にかかっている事が考えられます。

 

腸内菌が悪い
軟便や下痢になっていたら、腸内環境が悪くなっていると考えられます。腸内菌が悪玉菌優性になっていると、善玉菌が悪玉菌と闘い、下痢になってしまいます。しかし悪玉菌が多ければ、普通便秘になるかと思いますよね。しかし悪玉菌の種類によっては、腸内に便をためこんで便秘になってしまうケースと、腸内を荒らして便を軟らかくしてしまうタイプがあります。どちらにしても、腸にダメージを与えてしまうので悪い細菌を減らすようにしましょう。ちょうどいい便を作るためにも善玉菌が必要なのです。

 

乳酸菌サプリメントで短期回復を目指す
もしも病気じゃないのに下痢や軟便が続いてしまう場合には、善玉菌を増やす必要があります。善玉菌を増やすためにも乳酸菌サプリメントが登場します。食事からも乳酸菌摂取する事は可能ですが、速く軟便改善したいのであれば、乳酸菌サプリメントを取り入れるといいでしょう。

 

下痢の原因は?

 

下痢の原因は複数考えられます。今回はその中でも、代表的な原因を3つご紹介しましょう。

 

過度なストレス
ストレスによっても下痢は発生します。環境で大きな変化はなかったか、緊張してしまうような出来事はなかったか、何か大きなプレッシャーや心配事はなかったかなど、分析してみましょう。勿論、すぐにストレス要因を取り除けるようなものばかりではないでしょう。人間関係など、根本的に解消しづらいものもあります。

 

誰でもストレスと日々戦っています。それを0にする事はできませんが、目標や自分の目的意識を思い出すだけでもストレスは軽減されます。苦しくなった時、何のために自分はこんなに頑張っているのだろう?と振り返ってみてくださいね。ストレスがある時は、ストレスがない場所へ行く、プライベートを充実させるなどして解消していってくださいね。

 

食べ過ぎ
油っぽいものを食べ過ぎた場合、脂質の高いものは消化しづらいため、下痢になる恐れがあります。チーズやマヨネーズ、揚げ物などを食べすぎていなかったかなど、ご自身の食生活を振り返ってみてください。スナック菓子やカップラーメンなどの加工食品もおすすめできません。料理する時はサラダ油を使うのではなく、消化の良いオリーブ油やごま油もおすすめです。酸化した古い油などは消化をもっと悪くしてしまう上、胃腸に負担がかかって下痢になってしまう事があります。

 

胃腸が弱っている
風邪などひくと、腸の機能も弱くなってしまいます。こんな時にいつも通りの食生活を続けてしまうのはよくありません。お酒やコーヒーなどの刺激物をとるのも逆効果でしょう。コーヒーやお酒を日常的に摂取している人は、^下痢になった時にはいったん控えるようにしましょうね。

 

下痢を治すには?

 

下痢の症状が続くとツライですよね。下痢は病気ではありませんが、早く直さなければ体力も消耗してしまい、ヘトヘトに弱ってしまいます。一時的にですが、身体も痩せ細ってしまうでしょう。

 

腸に優しい食事に切り替える
下痢の時は普通の食事を続けていてはいけません。普通の白いご飯も消化が悪いので、胃腸に負担をかけてしまいます。となるともっと下痢症状はひどくなってしまうので、お腹に優しいものを食べるようにしましょう。例えば次のような食品がおすすめです。

 

・お米
・バナナ
・すりおろしたリンゴ
・トースト

 

どれも食物繊維が少なく、軟らかい便をかたくしてくれます。腸への刺激も少ないので、過敏になっている腸を悪化させるようなことはないでしょう。

 

水分補給
下痢の時は一気に水分が抜けてしまうので、水分補給が大切です。また、水分と一緒にビタミンやミネラルも下痢で出てしまうので、水の他にスポーツドリンクを補給するのもいいでしょう。水分補給は下痢治療の最優先事項といっても過言ではないでしょう。一度に飲むのではなく、少量ずつチビチビ飲むようにしましょうね。

 

また、水分といってもお肉でダシをとったコンソメスープや味つきのミネラルウォーターもおすすめです。ただしカフェイン入りの飲料は下痢の時にはすすめられません。カフェインには多少の利尿作用があるからです。これ以上水分が奪われないようにするためにも、利尿作用の高いカフェインは控えるようにしましょう。

 

睡眠をたっぷりとる
下痢の治療として、睡眠をたくさんとりましょう。十分な休息をとる事も下痢に効果的です。下痢自体は病気ではありませんが、病気に伴う症状です。ウイルスと闘っているサインでもあるので、体の抵抗力を高めるためにも睡眠をたっぷりとるようにしましょうね。

 

下痢に効くツボ

 

下痢の時は、下痢によく効くツボを指圧してみるといいでしょう。

 

下痢によく効くツボ

 

・合谷(ごうこく)
手の親指と人差し指の根本にある「Vの字」の骨から少し先端に向かったところがへこみます。そこから少し人差し指に寄ったところが合谷で、押さえると結構痛いです。

 

・天枢 (てんすう)
おへその外側にある6センチのところです。

 

・関元(かんげん)
おへそから約9センチ下がったところにあります。

 

下痢が続く時は上記のツボを抑えてみましょう。下痢になると痩せている人はさらに痩せ細ってしまいます。一時的であっても、太りたいと思っている人にとっては、下痢は非常に厄介ですよね。

 

下痢が起こる原因って?下痢になる原因は複数あります。
・腸の異常収縮
・過敏性腸症候群
・暴飲暴食による消化不良
・身体が冷えて自律神経が乱れている
・細菌やウイルス感染による「感染性胃腸炎」
・サルモネラ菌などによる食中毒
・ノロウイルス・ロタウイルスなどの病原菌

 

病気に伴う下痢
ストレスが原因で起こりやすいと言えば「過敏性腸症候群」で、下痢などの症状が出てきてしまいます。クローン病や潰瘍性大腸炎、バセドウ病などの深刻な病気になった時も、下痢になる恐れがあります。

 

下痢になると腸のぜん動運動が活発になり、消化された食べ物が腸を通過するスピードが早くなり過ぎてしまいます。水分が十分に吸収できないと、腸自体の水分を吸収する力も低下してしまうのです。そして腸からの水分分泌量が増えてしまった事が原因で、下痢になってしまいます。

 

このような仕組みにより、本来腸を通過する水分のほとんど全部が腸で吸収される事になってしまいます。1%は便に含まれるはずなのに、便に含まれる水分も増えてしまうので下痢になってしまうのです。

 

下痢に効く食べ物はある?

 

下痢の時は食事にも気を使わなければなりません。食材の中には、健康的な食材であっても、下痢を促進させてしまうものもあるので、下痢の時には控えるようにしましょう。

 

下痢の時におすすめの消化の良い食べ物
・おかゆ
・よく煮込んだうどん
・すりおろしりんご

 

水分摂取も不可欠!
下痢になると何度もトイレに行く事になってツライですが、無理やり薬で下痢を止めるのも危険です。下痢を起こすと大量の水分が失われる事になるので、カリウムやナトリウムも失われてしまいます…。このような状態が続くと脱水症状を引き起こしてしまうので、脱水を起こさないためにも、水分補給をしっかりやっていきましょう!

 

基本的にはお茶や水を飲んで水分補給していきますが、お味噌汁やスープ、果物などから水分摂取する事もできます。水分と一緒にカリウムやナトリウムも摂取できるでしょう。ほとんどの下痢は、お腹を温めて安静にする事で治りますが、激しい腹痛など伴う時は、早めに病院へ行くようにしましょうね。

 

下痢の時に控えた方がいい食材
下痢の時は消化の良い食材を選びましょう。普段は健康維持に効果的とされていますが、下痢の時は 控えた方がいい食材もあります。

 

・肉類
つい食べたくなってしまいますが、特に豚バラ肉やベーコン、ソーセージは脂肪分が多いので消化が悪いです。下痢の時にはおすすめできません。

 

・食物繊維の多い野菜
野菜は健康的ですが、下痢の時は野菜の中でもセレクトしなければなりません。 基本的には、食物繊維の多い食材は避けましょう。例えばキノコ類やごぼう、筍や葱、蓮根などです。にんじんやキャベツは柔らかくしてスープにして飲むのもいいでしょう。

 

さつまいもやこんにゃくには食物繊維がたくさん含まれているので、胃に負担がかかってしまいます。じゃがいもは比較的食物繊維は少ないですが、下痢になったばかりの時は控えた方がいいでしょう。